新着記事

もう仕事終わりの食事で悩まない!自炊しなくてもおいしい料理は食べられる

仕事が終わって疲れたときに「今から料理をするのはしんどいな」、「簡単に作れる物があればな」と一度は思ったことがある方は多いのではないでしょうか。

しかし、中には自炊をしなければ、休める時間は増えるのに、健康面や節約面を理由に自炊をやめられない方もいますよね。

そこで本記事では、自炊しないことのメリットや自炊しなくてもおいしい料理を食べられる方法に注目。たまには料理を作るのをやめて、疲れた自分を甘やかしてみませんか。

仕事終わりに疲れたときは自炊以外で食事を楽しむ

仕事をして疲れ切って家に帰ったのに、そこから料理を作り始めるのは正直大変ですよね。共働き世帯も増えて、男女問わず仕事をしている方が多い中で、自炊の時間を捻出するのは大変です。

それでも、自分で頑張って自炊しようと努力している方にこそ提案したいのが自炊を休んでみること。仕事終わりに「食事作りを休みたい」と感じたときには、手間なく食事を楽しめる自炊以外の選択肢を考えてみましょう。

自炊をしなきゃと思う理由はなに?

雑誌やWEBサイトを見ていると、自炊を続けるコツや時短レシピの参考になる情報をたくさん探せます。しかし、意外に見つからないのが自炊をしないためのコツや、自炊以外の料理の選択肢です。

仕事終わりに料理を作らないという選択肢を持つために、まずは多くの人が自炊を続けている理由に注目してみましょう。

家計が気になる・節約したい

ホットペッパーグルメ外食総研のアンケートによると、自炊をしている方の45.2%が「家計が苦しい」、「節約したい」といった理由で自炊をしています。

たしかに、自分で材料の種類や値段を選んで購入できる自炊の方が、外食などに比べるとコスパが良くなりますよね。上記のアンケート結果は、外食が増えた要因のアンケートと合わせると、より実感がわきます。

アンケートにて、外食が増えた要因として16.2%の方が挙げているのが、「お金に余裕ができたから」です。2つのアンケートの結果から分かるのは、自炊と同じくらいコスパが良い食事方法があれば、忙しい人が料理をやめられるということです。

健康のため

自炊している22.1%の方が、「健康やダイエットのため」と回答しています。

健康面、ダイエット面への影響から考えると、食材から、味付けまで全て自分で調節できる自炊は有効な手段です。摂取する栄養成分やカロリー、料理の種類まで決められる自由度の高さも魅力的。

ただ、実際に忙しい中で食材の栄養バランスまで考えて、料理をするのはかなり大変です。外食やフードデリバリーなど、自炊以外の手段で健康な食事をいただければ、健康志向な方も自炊を休めるかもしれません。

手作りに対するこだわり

両親やパートナーから料理を作ってもらえることは、とても嬉しいことです。そんな経験からか、家で料理することが家族(パートナー)のためになると答えている方が17%もいます。

家族がいる方だけでなく、一人暮らしの方も、手料理に対する愛着やポジティブな印象があるため、自炊を続けているのではないでしょうか。

料理を通して、自分や家族に愛情を伝えたり、労ったりできるのが自炊のメリットです。しかし、自分を労って休むことも、家族やパートナーの喜びにもつながるはず!自分が料理をしたくないときには無理をせず、休むことも大切にしていきましょう。

自炊していない人は意外にたくさん!

自炊をしている方の視点を紹介して来ましたが、自炊をしていないという方は意外にもたくさんいます。

「可処分時間を増やしたい」、「疲れているときの料理が面倒」など、人によって理由はさまざまですが、自炊しないことによるメリットを感じている方も多いようです。

自炊しないことによるメリットや、自炊以外の食事方法を知ることで、仕事終わりの食事の悩みを解決のヒントにしてみましょう。

仕事終わりに自炊しないとこんなメリットがある

自炊にメリットがあるように、自炊しないことにもメリットがあります。自炊をやめたことによるポジティブな変化に目を向けて、料理を休むためのきっかけにしてみてください。

可処分時間が増える

トレンダーズ株式会社の調査によると、料理にかかる1日の平均時間は「1時間22分」、仕事や家事終わりの夕食には、平均「51分」もの時間がかかっているそうです。さらに料理にかかる時間を1ヶ月単位で計算すると、平均で「41時間」も料理に時間を費やしているという結果がでています。

上記のアンケートはあくまで料理を作るのにかかっている時間のため、買い物や献立を考える時間は入っていません。

仕事終わりの自炊をやめるだけで、1日に約50分もの自由な時間を手に入れられることが、アンケート結果から分かります。

仕事をしている日本人が1日で自由にできる可処分時間は、平均で2.6時間ほどといわれています。1日の可処分時間を大きく増やせるのは、自炊をやめる大きなメリットです。

実は栄養バランスが取れた食事を取りやすい

自炊している方の中には、健康やダイエットを理由に挙げている方が多くいます。たしかに、外食などでは、味を追求しているため、味付けが濃い目でやカロリーの高いものが多い印象がありますよね。

しかし、実際に自炊以外の食事でも意外に栄養バランスが取れた食事は取りやすいです。例えば、コンビニやスーパー、テイクアウトのお店でも健康志向の高まりに合わせて、減塩、糖質オフといった商品が増えています。

近年では栄養士や医師が監修に入り、栄養バランスの取れた食事を楽しめる冷凍宅食サービスも人気です。

自分で調理をしたり、献立を考えたりしなくても良い分、時間や手間をかけずに栄養バランスの取れた食事をいただけますよ。

体の負担を軽くして疲労回復

料理の献立を考えるのに頭を使うし、買い出しや調理には体力を使います。ほとんどの方にとって習慣のようになっている料理だからこそ気づきにくい、精神的、肉体的な負担が自炊をやめるとスッキリなくなるのです。

忙しく休む時間がない方ほど、自炊をやめて自分を甘やかしてみてください。料理をやめた時間で体を休めれば、仕事のパフォーマンスを向上させたり、お休みの日をしっかり満喫できるはずです。

自炊しなくてもいい!おいしい料理を食べられる方法

「自炊しないならどんな食事を食べればよいの」と思う方のために、手間なくおいしい食事を食べられる方法を紹介します。外食やテイクアウトだけでなく、注目の食3.0といわれる宅配弁当まで、楽なのにおいしい食事の数々のメリットやデメリットをそれぞれみていきましょう。

外食

外食は、調理から片付けまで全てお店がしてくれるので、手間なくおいしい食事が食べたい方にピッタリです。

外食というと濃い味付けや高カロリーなイメージがありますが、近年では、カロリーオフや糖質オフの料理を提供しているお店も増えてきているため、外食でも十分、健康的な食事は食べられます。

家からお店までの移動時間はネックの一つですが、仕事で外出している方なら、職場から家に帰る途中でお店を探せます。自炊と比べるとコストは高くなる傾向になるので、毎日ではなく息抜き感覚で利用するのも良いでしょう。

テイクアウト

飲食店の持ち帰りメニューや、スーパーやコンビニのお弁当を家で食べるのも料理をしない方にはおすすめです。テイクアウトも外食と同じく手間や時間をグッと短縮できるので、1日の可処分時間を増やせます。

また、外食だと気を張ってしまう方も、お店の味を家で楽しめるテイクアウトならリラックスして食事ができます。外食と同じくコストとはかかりますが、自宅でくつろぎながら手間なく食事をしたい方にテイクアウトはピッタリな方法です。

フードデリバリー

宅配ピザやウーバーイーツをはじめとするフードデリバリーは、自炊しないときの食事にピッタリです。外食やテイクアウトのようにお店を訪問せず、電話やオンラインでオーダーできるのも便利なポイント。

オーダーした後は料理が到着するまで待つだけなので、休んだり、趣味を楽しんだり、自由な時間を過ごせます。

デメリットがあるとしたら、地域によっては頼めるお店の数が少なかったり、サービスによっては宅配手数料や、店舗で食べる以上のコストがかかったりする点です。1食にかけられる予算や住んでいる地域によって、他の食事方法と合わせて利用するのが良いでしょう。

家事代行や出張料理人

自炊したくないときは、家事代行やケータリングを頼んでみるのもおすすめの方法です。まず、家事代行ではその日のおかずはもちろん、サービスによっては作り置き料理も頼めます。まとめて、一度にたくさんの食事を作ってもらえれば、外食やテイクアウトより高コスパになることも。

サービスによっては1人約3,000円〜でプロの味を自宅で楽しめる上に、調理の手間がありません。自炊に比べると割高にはなるので「自宅に人が入っても大丈夫!」という方や予算に余裕がある方なら頼んでみるのも良いでしょう。

冷凍宅配弁当

食3.0として、手軽さと栄養バランスという観点から注目を集めているのが、冷凍宅配弁当です。家に届いた冷凍弁当は、食べたいときにレンジで温めるだけでOK。サービスによっては栄養士監修の元作られたものもあるため、栄養バランスも自分で気にせず食べられるのが嬉しいポイントです。

まら、外食やテイクアウト、フードデリバリー、出張料理人などと比べると安くてコスパが良いサービスが多いため継続しやすいのも魅力的。可処分時間を増やして、健康的な食事を楽しみたいと思う方にはおすすめです。

自炊をしなくても大丈夫!仕事終わりの食事をGOFOODがサポート

自炊をしなくてもおいしい食事を食べられるなら、仕事終わりに疲れた体で料理をしなくても済みますよね。自炊をする、自炊をしない、それぞれのメリットを見た上で、自分を甘やかしたくなったときは、料理をやめてみるのも良いのかもしれません。

しかし、外食やテイクアウト、フードデリバリー、出張調理人は価格が高くなる傾向があります。そんなときにおすすめなのが食3.0としても注目を集めるGOFOOD。

GOFOODでは、仕事終わりのアナタを手軽で栄養価の高い食事でサポートします。温めるだけで調理ができる、低糖質、高たんぱくなお弁当を頼んで、毎日の食事を楽しんでみてください。

温めるだけの簡単調理!仕事終わりの食事はGOFOOD