新着記事

フードデリバリーだけじゃない!自分へのご褒美になるおうちご飯とは?

自分や家族のために毎日自炊していると、休憩したくなるときはありませんか?そんなときは手間なくご飯を食べれるフードデリバリーを利用している方もいるはずです。

しかし、忙しい人も多く、健康志向も高まる現代で「栄養価の高い料理を食べたい」、「時短ですぐに健康的な料理を食べたい」という方もいますよね。
そこで、本記事では、フードデリバリーだけじゃない、新しいお家ご飯のスタイルを紹介します。

毎日の自炊に疲れていませんか?

毎日家事や育児に追われていたり、仕事終わりに疲れていたりするときに、料理を作るのが大変だと思ったことがある方は、多いのではないでしょうか?

株式会社ブロックの調査によると、一週間に3回以上自炊している方は、約75%にも及ぶそうです。

しかし、誰に言われた訳でもないのに「自炊するほうが正しい」、「自炊する方が素敵」といったように感じてしまうと、自炊はしなければいけないものになりがちです。

忙しい中で日々、自炊を続けていれば、たまには休みたくなるときもありますよね。そんなときは、一息ついて自分のご褒美になるようなお家ご飯を食べてみてはいかがでしょうか?

現代のおうちご飯で求められているものとは?

そもそも、現代のおうちご飯ではどんなものが求められているのでしょうか?共働きや一人暮らしも多い現代ならではのポイントにも注目して解説します。

コスパの良さ

節約志向が高まる中で、おうちご飯に求められているのがコスパの良さです。

一人暮らし世帯の場合、1ヶ月の食費の理想は収入の10〜15%ほど。外食などを利用するとすぐに超えてしまうため、おうちご飯の手段として自炊を選ぶ方が多いようです。

最近では、節約したいけど、自炊は大変に感じている方のニーズに応える冷凍宅食のようなサービスも注目を集めていますよ。

健康的な食事をしたい

消費者動向調査によると、食に関する思考の半数近くを締めているのが「健康志向」です。調査の結果からわかるように、現代人は健康的な食事や、栄養バランスの取れた食事を摂取したいと感じています。

消費者の健康志向の高まりを示すように、スーパーやコンビニでは、糖質オフ、塩分カットなどの製品が並んでいます。

特に近年では、栄養バランスの取れた食事をするだけでなく、糖質制限のように過剰な栄養の摂取を避けることに注目が集まっているのがポイントです。

時短で調理ができる手軽さ

共働き世帯が増えたり、一人暮らしで仕事をしている方が増えたりしているため、おうちご飯には、時短や手軽さが求められています。フードデリバリーのように調理の手間がないサービスが人気を博している理由も、多くの人が自分の自由な時間を増やしたいと感じているためです。

しかし、時短を求めてフードデリバリーの利用や外食をすると、手間は省けてもコストが高くなる傾向があります。これらのことから、現代では、コスパもよく調理に時間がかからないおうちご飯が求められているといえますね。

おうちご飯で、多くの人が求めているのが継続のしやすさです。例えば自炊なら、毎日料理を作るのが大変なので、時短レシピや手抜きレシピが人気に。さらに節約志向の高まりから、コスパの良さまで求められています。

毎日ほぼ必ずする食事だからこそ、続けやすい手軽さが現代のおうちご飯には必要です。

お家ご飯として人気のフードデリバリー

自宅まで食事を届けてくれるサービスとして、多くの人が利用しているのがフードデリバリーです。

最近では、ウーバーイーツをはじめ、オンラインで注文を完結できるサービスも増えているため、より手間なくおうちご飯を楽しめるようになっています。

一人暮らし世帯や共働き世帯が増える中で、便利なおうちご飯として人気のフードデリバリー。しかし、毎日のように利用するのにネックになるポイントがいくつかあるのです。

フードデリバリーのデメリットとは?

手軽においしい料理を楽しめるフードデリバリー。おうちご飯として毎日使用したいところですが、デメリットもあります。
具体的にどんなデメリットがあるのかをみていきましょう。

注文ごとに手数料や配達料がかかる

フードデリバリーでは、注文毎に手数料や配達料がかかる場合があります。配達料が明記されていないケースもありますが、お店から家までの送料が料金に載せられているケースが多いため、料金が店舗での食事やテイクアウトよりは、割高です。

たまに利用する分には気になりにくいですが、自炊の代わりに定期的に利用するとなると、コストパフォーマンスにデメリットが感じられます。

栄養バランスが取れた食事を取りにくい

フードデリバリーでは、外食と同じようにカロリーや味付けが濃い目の料理が多くあります。主食、主菜、副菜など、メニューを小分けに頼むと費用もかさむため、栄養バランスの取れた食事を取りにくいのもデメリットの一つです。

フードデリバリーだけじゃない!ご褒美のおうちご飯なら宅配弁当!

忙しい現代人のおうちご飯に求められる、手間なしで健康的、コスパもよく継続しやすいサービスが冷凍宅食弁当です。

新しい食事のスタイルとして注目を集めている冷凍宅配弁当の特徴をみていきましょう。

長く続けやすい価格帯

宅配弁当は、500円〜700円ほどという、ワンコインほどの高コスパなサービスが多いのが特徴です。フードデリバリーや外食に出かけると、1食の価格が1,000円を越してしまうこともよくあります。

定期的に利用するほど価格が安くなるサービスや、送料無料のサービスもあるので、コスパが気になる方でも、利用しやすいのが嬉しいポイントです。

管理栄養士やプロのシェフが監修!栄養バランスの取れた料理

宅配弁当には、管理栄養士やプロのシェフが監修している料理を食べられるサービスが多いです。自炊やフードデリバリーなどで、栄養バランスまで気にしながら調理をしたり、注文するのが面倒に感じている方も多いはず。

調理済みの弁当が家まで届くので、手間なく、栄養バランスが取れた食事をしたい現代人にピッタリです。

サービスによって、低糖質、高たんぱく、減塩など、コンセプトが異なるため、自分にあった料理を提要している宅配弁当サービスを選ぶようにしましょう。

レンジで暖めるだけで良い手軽さ

多くの宅配弁当は、冷凍された状態で家まで届きます。レンジで暖めるだけで調理ができる上に、洗い物の手間もないため、手軽に利用しやすいです。

また、冷凍されたお弁当の利点は、調理の手軽さだけではありません。冷凍庫に入れておけば、長期的に保存ができるため、好きなタイミングでいただけます。

冷凍された宅配弁当の平均的な賞味期限は約3ヶ月〜6ヶ月。外出が多い方や、おうちでご飯を食べるのが不定期な方でも、安心して利用できますよ。

自由な時間がぐっと増える

宅配弁当を注文すれば、今まで献立の考案や買い出し、外食などにかかっていた時間が自由になります。自宅まで弁当を届けてくれるので、買い出しに向かうときの時間や交通費も節約できるのが嬉しいポイントです。

トレンダーズ株式会社の調査によると、一回の夕食にかかる時間は約51分です。夕食1回を宅配弁当に置き換えるだけで、少なくとも50分以上の自由な時間が作れます。

「趣味の時間を作りたい」、「ゆっくり体を休めたい」といったように、自分のことを思いやりたいときにこそ、宅配弁当を利用してみましょう。

医師推奨で健康的!GOFOODで自分を労うお家ごはん

数ある冷凍宅食サービスの中でも、自分や大切な人を思いやりたいときに、おすすめなのがGOFOODです。

医師も推奨する低糖質、高たんぱくな宅配弁当は、栄養面も充実。手軽でヘルシーな冷凍弁当を定期便で楽しめます。

約30種類のメニューから自分好みの料理を選べる

GOFOODの特徴の一つが、約30種類ほどの豊富なメニューから自分好みの品を選べる点です。宅配弁当サービスの中には、既に料理のラインナップが決まっていて、料理の種類を選べないものもあります。

GOFOODでは、自分好みの料理を選べる上に、期間限定メニューや新メニューも楽しめます。同じメニューばかりを食べて、マンネリ化することが少ないので継続しやすいのが、おすすめポイントです。

味は本格派!低糖質で高たんぱくで健康的な料理

GOFOODで提供されているほとんどの料理は、糖質20g以下、たんぱく質20g以上です。健康的な料理の数々は、糖尿病や動脈硬化の予防やダイエット効果から、近年注目を集める糖質制限食としてもおすすめ!

健康食を追求する医師のお墨付きも得ているので、安心して利用できます。

また、料理はシェフの味をセントラルキッチンで再現した本格派。栄養面と味の両方にこだわった料理をいただけますよ。

無理なく続けられる3つのプラン

GOFOODには、5食、10食、20食、3つの定期便プランがあるため、ライフスタイルに合わせた利用ができます。

どのプランを選んでも1食あたりの値段は560円〜700円ほどというコスパの良さ。20食のプランなら送料無料になるため、さらに安くサービスを利用できます。

定期便の配送日時や解約も簡単にできるため、気軽に利用しやすいのもおすすめポイントです。

自分を思いやるご褒美に!おうちご飯で宅配弁当を食べよう

自宅まで料理を届けてくれるフードデリバリーは、便利で自炊の手間も省いてくれます。しかし、コストがかさむため「定期的に利用するのはちょっと」と感じる方もいるはずです。

そんなときは、本記事で紹介した宅配弁当がおすすめです。健康的で調理も簡単な宅配弁当は、自分を思いやるご褒美のおうちご飯にピッタリですよ。