新着記事

料理をやめてみませんか?自分をいたわるひと休みの時間を作ろう

「料理を作るのをやめたい」と思ったことがある方はいませんか?

「仕事で疲れているからご飯を作りたくない」
「献立を考えるのが面倒くさい」
と感じたことがある方は多いはずです。

そこで本記事では、料理をやめて、自分を労る時間を提案します。
意外に自炊しない海外の食文化や、料理をやめたときの代わりにおすすめの食事法まで解説していきます。

料理をやめて自分を労ってみませんか?

仕事をしていたり、たくさんの家事をしていたりする中で「料理を作りたくないな」と思ったことがある方は多いはずです。生きていく限り食事は必要なので、必然的に料理を作る場面も多くなります。

そのときに料理を本当は作りたくないけど「料理をしなきゃ」と思っている方は、意外に多いのではないでしょうか。また、料理を作りたくないと思う自分や、料理を苦手に思う自分を責めてしまう方もいるかもしれません。

このように「料理をしなきゃ」と自分が思っているときには、ぜひ一度料理をするのをやめてみてください。きっと、普段から仕事や家事、育児を頑張っている自分を労わる時間を作れるはずです。

なぜ料理をしなきゃと思ってしまうのか

料理をしなきゃと思ってしまう理由が分かれば、罪悪感を感じずに料理を作らないという選択肢を選べますよね。

料理を作らないのは、本当に悪いことなのか、具体的な理由から考えてみましょう。

自炊をするべきという思い込み

自炊は毎日する上に、多くの人にとって身近なスキルだからこそ、できることが良いことで、できないときに罪悪感や否定的な感情になりやすくなります。

しかし、よく考えてみると洗濯物は手で洗うより、洗濯機に任せている人が多いですし、掃除だって掃除機を使って効率よくしています。料理を作ることだけ、他の手段に置き換えたり、楽をしたらいけないということはないはずです。

まずは、自炊しなきゃいけないという思い込みをなくして、料理をやめてみたり、料理をしたいときに作る習慣を作ったりしてみるのが良いかもしれませんね。

両親に作ってもらっていたから

自分の両親が自炊をしているという方は多いでのはないでしょうか。「おふくろの味」という言葉があるように、小さい頃から手作りの料理が食卓に並んでいたり、その料理に愛情を感じていたりした方ほど、自分も料理を作ったほうが良いような気持ちになるはずです。

手作りの料理はもちろん嬉しいものですが、自分が料理の作り手になったときには、苦手意識を持ったり、サボったりしたい気持ちになることもあります。

まずは、自分が本当に料理を作りたいのかを考えましょう。もし、苦手意識や辞めたい気持ちがあるときは、料理をやめて自炊以外の方法で食事を楽しむのがおすすめです。

外食が続くとコストがかかるから

必要に迫られて料理を作っている方も大勢います。リクルートの調査によると自炊が増えた理由の45.2%が「経済的に厳しい」、「食費を減らしたい」というものでした。

外食やテイクアウト、フードデリバリーで食事を済ませると自炊と比べて費用がかかります。

海外では自炊をしない国も意外に多い

株式会社JUST PLAY COMPANYの調査によると、一人暮らしの方の78.1%が普段から自炊をしていると答えているそうです。このアンケートの結果からも、日本が自炊をよくする国というのが分かります。

周囲の人が当たり前のように自炊していると、「自分も料理を作らなきゃ」と思いがちです。そこで、料理をやめたいなと思ったとき、考え方のヒントになる海外の自炊事情について紹介します。

火を使わないドイツの食卓

ドイツでは家事の負担を軽くするさまざまな工夫があります。その一つが「カルテスエッセン」という文化です。

「カルテスエッセン」とは、ドイツ語で火を使わない食事という意味で、並べるだけで完成するような簡単な食事を表しています。

忙しい朝や仕事終わりに疲れているときは、お皿に並べるだけでいいパンやハム、チーズといった料理を食べるそうです。

ドイツでは、一人暮らしの方はもちろん、共働き世帯や家族で暮らす世帯の方も、自分が負担を感じないように料理と向き合っています。

「料理をやめたい」と思うものの罪悪感を感じる方は、ドイツのように並べるだけで済む食事から初めてみるのがおすすめです。

外食文化が盛んな台湾

台湾は、3食外食で済ませる方がいるほど、外食文化が根づいています。夜に屋台、朝は朝食にピッタリな食堂のように、時間帯やニーズにあったお店が豊富なため、無理に自炊をしなくてもよいのです。

また住居にも日本とは異なる特徴があります。一人暮らし用の住居をはじめ、台湾の部屋にはキッチンがない家が多いのです。そもそも外食やテイクアウトが主流なので、台湾では料理が苦手、料理を作れない方に対しても理解があります。

ここまでの話を聞いて、台湾で自炊をしなくてもいいのは「お店がたくさんあるからだ」と感じた方も多いはずです。

ただ、日本でもチェーン店、コンビニやスーパー、喫茶店のモーニング文化など、外食やテイクアウトをしやすい環境は意外と整っています。

自炊をほとんどしない人がいる国もあるよと、頭の片隅において置けば、料理を気兼ねなくやめられるかもしれません。

アメリカ

リクルートの外食企業調査によると、日本人の平均外食回数が年間38.5回なのに対して、アメリカは年間185回ほど外食に行くそうです。

外食に行く回数が多いだけでは台湾と同じですが、アメリカでは自宅で料理を作る人の割合も多くなっています。

アメリカの食生活からは、自炊をしながら、外食で息抜きをするためのヒントがあるのかもしれません。

料理をやめると自由な時間が増える?

料理をやめると、調理にかかった時間以外にも家事の手間が減るので自由な時間が増えます。

料理をやめることで、合わせてしなくてもよくなる3つのことを見ていきましょう。

献立を考えなくてよい

料理を作るときにネックになるのが献立を考えることです。一人ならまだしも、家族がいる方なら、好きな食材や調理法がそれぞれ異なるため、献立を考えることがより難しくなります。

料理をやめると、献立を考える必要もなくなるので、時間的にも精神的にも楽になりますよ。

買い物をしなくて良い

自炊をしていると料理に必要な食材の買い出しをします。スーパーやコンビニまで買い物に行く時間や、食材を抱えて移動するのは意外に重労働です。

料理をやめると食材の買い出しが不必要になるため、買い物にかけていた時間や、買い物で購入する商品の数が減ります。自由時間が増えて、負担が軽くなった分は、趣味や休憩に使いましょう。

面倒な洗い物をしなくて良い

料理を作った後には使い捨ての容器を使用していない限り、洗い物が待っています。普通に洗うだけでも大変なのに、油ものだと汚れを落としたり、油を処理したりするのにも一苦労です。

また、洗い物をするときは長時間水や洗剤に手が触れているため、肌荒れの原因にもなりやすいです。

そんな洗い物も自炊以外の手段で食事を済ませれば、最小限に抑えられます。洗い物の時間が自由に使えるだけでなく、洗剤代、水道代まで節約できるのも嬉しいポイントです。

空いた時間でホッと一休み

料理をやめて空いた時間は、自分を労ってみてはいかがでしょうか。忙しい日常で疲れている体や心を休めて、ストレスを解消したり、疲労回復できたりします。

空いた時間でできる一休みの方法をいくつか提案するので、参考にしてみてください。

お風呂にゆっくり浸かる

トレンダーズ株式会社の調査によると、夕食の調理にかかる平均の時間は51分ほどだそうです。それに対して男女の平均入浴時間は、約30分ほどとなります。

料理をしていた時間の分をお風呂でリラックスする時間にあてれば、一日で溜まった疲れをしっかり癒せるはずです。

仕事や家事で忙しいからこそ、お風呂にゆっくり入り、自分を甘やかす時間にしてみてはいかがでしょうか。

趣味を楽しむ

上述したトレンダーズ株式会社の調査によると、1日で料理にかかる時間の平均は約1時間20分です。献立を考えたり、買い物にいったりする時間をプラスすれば、料理をやめることで自由な時間が2時間ほどは増えます。

料理を作る分の空いた時間は、映画を楽しんだり、ゲームをしたり、音楽を聴いたりと趣味の時間に充ててみましょう。

趣味を楽しんでいると生活にハリが生まれ、仕事や家事のモチベーションも上がります。料理をやめたことで、料理を作りたくなるときが訪れるかもしれませんね。

何もしないでぼーっと過ごす

料理をしないことで休める時間が作れたのなら、とことんぼーっとして休んでみるのもおすすめです。そしてぼーっとすることには、体も心も両方休められる以上のメリットまであります。

実は人間の脳は、ぼーっとしているときにもしっかり働いています。その状態のときほど、新しいアイデアの発見のようなクリエイティビティが発揮されるそうです。

リラックスできて、新たな発見にも繋がるかもしれない休息の時間を大切にしてみるのも良いですね。

自炊しなくても食事を楽しめる方法

本記事では料理しないことで自分を労ることを提案してきました。しかし、自炊しなくても毎日の食事は必要です。

そこで、自炊しなくてもおいしい食事を楽しめる具体的な方法を解説します。

外食

外食はとにかく手間なくおいしい食事を楽しめるのが大きなメリットです。お店に行く時間や料理の待ち時間を込みで考えると、時間的には自炊と大差はありませんが、調理や買い出しの手間はなく楽ができます。

多くの人が自炊をする理由の一つが「食費を節約するため」だったことから考えると、コスパの良いお店を見つけたり、毎日ではなく料理を休みたいと思ったときに利用するのが良いでしょう。

お弁当・テイクアウト

スーパーやコンビニで販売しているお弁当や、飲食店のテイクアウトメニューも料理をやめたいときにピッタリです。外食に比べ、お弁当やお惣菜のみの販売でコスパの良い商品も多いため、比較的続けやすいのも嬉しいポイントです。

デメリットを挙げるとしたら、外食と同じく、自分がお店まで足を運ぶため、時短効果はそれほどきたいできません。料理は作らないけれど、コスパの良い食事を楽しみたい方におすすめです。

フードデリバリー

宅配ピザや出前、ウーバーイーツのようなフードデリバリーサービスは、家にいながらお店の味を楽しめると評判です。外食やテイクアウトと違い、自分がお店までいかなくても良いため、自由に使える時間も増えます。

デメリットとしては、サービスによって、宅配手数料が乗せられたり、店舗で食べるときより価格が高くなったりするケースがあります。コスパよりも味や利便性を重視する方には、フードデリバリーがピッタリです。

冷凍宅食

冷凍宅食は、届けられたお弁当をレンジで温めるだけで作れます。栄養士や医師監修のサービスなら、栄養バランスの取れた食事を手間なく楽しめるのがおすすめポイントです。

定期便から1食単位まで、さまざまな注文方法があるため、自分のライフスタイルに合わせて購入できるのもメリットの一つ。価格も外食と比べると安いサービスが多いので、健康的でコスパの良い食事を実現できますよ。

料理をやめて一休み!自分を労るおいしい食事も

「料理をしなきゃ」と思わずに、時には休むことも必要です。本記事では、自分の体を労り、健康的に過ごすためのコツや方法をお伝えしました。

料理をやめて、健康的な食事で自分を思いやりたくなった方には、冷凍宅食のGOFOODがおすすめ。手間なく食べられる低糖質、高たんぱくな食事で、忙しいアナタの生活をサポートしてくれますよ。